豊橋でおやじに出会う場所 他人棒出会い系サイト

豊橋でおやじに出会う場所今週ヒアリングしたのは、言わば、現役でゲリラマーケティングのアルバイトをしている五人の男子!
駆けつけることができたのは、メンズキャバクラでキャストとして働くAさん、この春から大学進学したBさん、売れない芸術家のCさん、某芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん他人棒出会い系サイト、芸人志望のEさんの五人です。
筆者「まず先に、始めた原因から質問していきます。Aさんからお願いできますか」
A(メンキャバキャスト)「俺は、女心が分からなくて開始しました」
B(大学1回生)「うちは、儲けられれば何でもいいと思いながら始めましたね」
C(表現者)「おいらは、ミュージシャンをやってるんですけど、まだ始めたばかりなんでちっとも稼げないんですよ。大物になる為にはでっかいことでなくてもこつこつ下積みするのがベストなんで、、こういうアルバイトをやって、しばらくはアンダーグラウンドな経験値を溜めようと思って」
D(芸能プロダクション所属)「おいらは、○○って音楽プロダクションに所属してライブパフォーマーを目指していましたが豊橋でおやじに出会う場所、一度のステージで500円ぽっちしか貰えないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトをやろうと考えました」

幸せの教科書!豊橋でおやじに出会う場所 他人棒出会い系サイトが出てきた

E(お笑いタレント)「実際は、うちもDさんとまったく似たような感じで他人棒出会い系サイト、1回のコントでたった数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えていただき、ゲリラマーケティングの仕事をすることを決心しました」
驚くべきことに、五人中三人ものメンバーが芸能事務所に所属しているという素敵なメンバーでした…、だが話を聞く以前より、彼らにはサクラ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。
E「なんていったらいいかしら、見たまんまオカマなんでね、男との出会いって大体なくって。ほとんどのノンケは引いてくから、出会い系サイトなんて使ってみないとね」
B(セドラーとして成功を夢見る)「Eさんの今の聞いて頭に浮かんできたんですけど」
筆者「うん?どんなことですか?」
「前に僕、それっきりなんですけど、待ち合わせ場所でオカマが待っていたパターンありますよ」
ざわつくメンバー五人。

ぼっち回避!豊橋でおやじに出会う場所 他人棒出会い系サイトが日本一!

A「俺もびっくりした」
B「本当に会ったんですか?僕はレアケースかと。出会い系サイトなので、言うまでもなく、女性と出会えないかとアカウント取得したんですけど、都合をつけて公園へ向かったら、豊橋でおやじに出会う場所モデル並みの高身長でジムで鍛えてそうなのがやってきてどうしていいかわからなくてオロオロしてたら、向こうの方から予定空けてくれた○○さんですか?ユミですって近づいてきて」
筆者「騙された…っていうとひどい気もしますが、ゲイだったとか、会ってみたら違ったという人は、このメンバーでは何人いますか?」
確認を取ると、なんと四分の三で同じような経験をしたと白状してくれました。
筆者「出会い系サイトは、女性を演じるホモセクシュアルやトランスセクシュアルが多くいるんですね」
E「いっぱいいるわよ。でないと出会いなんてないから性別を偽ってでもいい人を探す。わたしも出会いは欲しいからね」
特にキャラの濃いメンバーが揃い、Eさんの後も他人棒出会い系サイト、アツい議論が高調になりました。
出会い系サイトユーザーのなかには、性別によらずカップル成立を求めている人が昨今の風潮として増加中のようです。

関連記事